『ダメ恋に陥る“性別の承認”とは何か、教えてやんよ』藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第51回】

長い期間経ってから恋愛が成就することもあるしかしその可能性は限りなく0に近いこんにちは、リアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。前回のコラムでは、「恋愛は初対面で決まる」とお伝えしましたが、まれに長い年月をかけて恋愛成就するケースももちろんあります。前回のコラム>『男性に好きになってもらうための2つのポイント、理解してるか?』藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第50回】その背景には以下のようなケースが考えられます。1.すでに恋愛感情を抱いてはいるけれど、次に交際する相手は結婚を前提として考えたいから、大丈夫な女性かどうか男性側が品定めしていた2.自分からアプローチして失敗したときのことを考えると、傷つくのが怖くて男性がなかなか行動に移せなかったが、やっと動き出せた3.お互いのどちらかに恋人か配偶者がいて、2人ともフリーになるタイミングが合わなかったが、そのときがきたから付き合った4.男性が夢を叶えるまで恋愛断ちをしていたが、ある程度落ち着いたので付き合うことにした5.女性の熱意に根負けした長い時間をかけて付き合うケースはまれですが、あるとすれば上記の5つが主な理由です。しかし、人間は自分にとって都合のいい答え探しをする生き物だから、上記の理由を聞くと、「なら私はまだ諦めなくていいんだ!」といつまで経っても振り向いてくれない男性を追いかけようとする女性もいらっしゃることでしょう。しかし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました