「気をつけるべき“モラハラ男”の特徴、教えてやんよ」藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第79回】

モラハラ予備軍の男性が増えているモラハラの定義とは何か以前、私のブログで「モラハラ予備軍」の男性が増えているというお話をさせていただきました。まず、今さらではありますが、モラハラとは一体どういうものなのかについてお話します。モラハラとは、「モラルハラスメント」を略で、道徳や倫理に反した精神的な暴力や嫌がらせのことです。端的にいうと「言葉の暴力」がモラハラに該当するのですが、よく議論になるのが、「一体どこからどこまでがモラハラなのか?」という問題。ad「人格否定される」「暴言を吐かれる」「マウントをとられる」など、一般的にはこれらの行為がモラハラになるといわれているのですが、「具体的にどんな言葉を言われたらモラハラになる」という明確な基準はありません。ですので、相手に何か言われるたびに、受け取り手が「傷ついた」と感じる場面が多いのであれば、それはモラハラという解釈になります。ad1する側もされる側も無自覚なことが多いモラハラを認めることは、自分を否定することにもつながるからそして厄介なことに、このモラハラ問題は、攻撃する側もされる側も自覚がないことがほとんどなんです。つまりほとんどの場合、モラハラしている相手は「自分がモラハラをしている」という自覚がないし、されている人は、「モラハラされている」という自覚がありません。なぜこのような状態になってしまうのかというと、モラハラの加害者、被

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました