「新婚生活ってもっとキラキラしてると思ってた」――結婚後、“引きこもり”になってしまった新妻の話

「新婚生活=キラキラ」は嘘!?大好きな人とず~っと一緒にすごせる“結婚”。憧れのウエディングドレスに、周りからのお祝いの言葉。夢いっぱいの新婚旅行に二人だけの新居…! “新婚生活”って、甘くて幸せな雰囲気が満ちあふれているように思えますよね。しかし、私事で恐縮ですが、筆者は新婚生活初期に、毎日のように「結婚」「つらい」と夜な夜なスマホで検索していました……。育った環境が異なる人間と共に、一から生活を作り上げていく作業はそう簡単ではなく、生活習慣のちょっとした違いにイライラすることもあれば、思考のズレをすり合わせる作業に疲れ果てたこともあります。そんな私を救ったのは、結婚生活について書かれたエッセイやマンガでした。今回ご紹介したいウラさんの『引きこもり新妻』は、なんと、新婚早々、環境が激変したショックに耐え切れず、引きこもりになってしまった新妻のコミックエッセイ。本作は、結婚を控える花嫁さんの心強い味方になるのはもちろん、すでに結婚生活を開始している女性たちにも、共感度抜群の作品に違いありません――。ad16年の交際は順調・相性も良かったが――本作の主人公は、結婚を機に関西に越してきたアラサー九州人の“ウラ”さん。彼女はとてもネガティブな性格で、元々結婚願望もなかったものの、福岡での大学時代に出会ったあまりしゃべらないタイプの関西人・穏やかで優しい“ツナ”さんに恋をして、離れたくない

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました