「“彼氏は友達でもある”の本当の意味、教えてやんよ」藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第74回】

相手の人間性を知らずに恋愛に発展すると、失敗しやすいなぜ相手は悪くないのに、いい恋愛ができないのか好きになった男性とは上手くいかないのに、興味がない男性には好かれるという女性がよくいます。そういう女性は、仕事やプライベートの人間関係は上手くいっているのに、恋愛になるとなぜか上手くいかないという経験もよくあるようです。なぜこういうことが起きるのか。adその理由は、このコラムで何度も解説しているように、男性のルックスや雰囲気に惹かれたことがきっかけで、相手の人間性をよく知らないままのめり込んでしまったことが原因の一つとしてあります。場合によっては、好きになった人がろくでもなかったせいで、結局上手くいかなかったという経験がある女性もいますね。しかし、とくに人間性に難があるわけでもないのに、なぜか上手くいかない。実はそんなケースがよくあるんです。ad1恋愛対象を、友達だと思えるかまずは友達として合うかから考える僕は「恋愛は人間関係の延長」だといろんな媒体でお話することが多いですが、なぜそう言い切れるのかというと、人間関係の延長線上に恋心が乗っかっているのが恋愛でしかないからです。この恋心が延長線にあるからこそ、気持ちが不安定になったり相手に対して変な勘ぐりを入れてしまったりするわけです。恋愛を難しく考えている女性は、実は自分に振り回されて自分でややこしくしてるんですよね。この延長線上に恋心

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました