「尽くしすぎる女性がいい恋愛ができない理由、教えてやんよ」藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第59回】

「男性に尽くしすぎる女性は捨てられる」それは真実か、あるいはそうではないのかこんにちは、リアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。「男性に尽くしすぎる女性は捨てられる」こういった情報を聞いたことがある女性は多いのではないでしょうか。実際、男性が男目線でそういう情報を発信していることが多いようですが、僕の見解としては、「この人たち、女性にちゃんと愛された経験がないのかな?」と思ってしまいます。なぜなら「男性に尽くしすぎる女性は捨てられる」という情報は、間違った解釈で独り歩きしてしまった上に、選ぶ男性によってこの情報が成立することがあれば、しない場合もあるからです。まず、「尽くす」という言葉の本当に意味は何でしょうか。本来「尽くす」という行為は、相手のため「だけ」を考えて見返りを求めないことをいいます。そして、相手のためにならないと思ったときはあえて手を貸さなかったり、ときにはそっと見守ったりすることも「尽くす」行為であり、尽くす行動の裏には「愛」が前提としてあるんですね。しかし、この前提が「承認欲求」からくるものであれば、尽くすという行為自体が成立しなくなり、ただの「尽くしているフリ」になってしまうんです。「好かれたいから尽くす」「愛してほしいから尽くす」という状態になっているということです。ad1「承認欲求のための尽くす」は「自分のため」になる本当の「尽くす」は見返りを求めない前述

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました