「人生100年時代の“幸せ”とは何か、教えてやんよ」藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第79回】

100年生きるつもりで人生設計を75歳まで働く可能性もある昨今は、「人生100年時代」といわれています。先進国では2007年生まれのうち、二人に一人が100歳を超えて生きると予想され、これまでとは異なる新しい人生設計が求められています。仕事においては、定年を65歳にしている企業も、今後70歳まで引き上げることが予想されており、場合によっては75歳が定年になることも考えられるんだとか。ad「そんな歳になってまで働きたくねえよ」という声も多いようですが、自分の寿命ってわかりませんよね。「どうせ自分は早く死ぬんだろうな」と思っていても長生きするかもしれないし、その逆もあるかもしれない。縁起でもない話だけど、病気を患ってしまい、余命宣告されたのに完治してその後何十年も生きるかもしれない。つまり、自分がいつ死ぬかなんて「そのときになってみないとわからない」ことであり、どれだけ「100年も生きたくねえ」と思っていても「100年生きるかもしれない」という前提で考えておいたほうが、これからの人生設計をしやすいことは間違いないです。ad1人生計画は大事だが、それが上手くいかないことも理解しておくことそれでも計画を立てる・立てないでは大きな違いが生まれるちょっと話が脱線してしまいますが、子どもって、「先々のことを言われても理解できないことが多い」といわれています。僕たちが子どもの頃、親に「あんた! そ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました