「キミが美しくなかったら、声を掛けてなかったかも…」女がガッカリした彼氏の言葉

恋愛
街を歩けば思わず振り返ってしまう。だけど目が合えば、逸らしてしまいたくなる。誰もが羨望の眼差しを向ける、美しい人。…しかし、美女には美女にしかない悩みがあるのだ。「オトせない男はいない」と言われ続け、早29年の奈津子もそのひとり。―誰も本当の私なんて知ろうともしない。これは、そんな美女と美女に恋した二人の男の物語。◆これまでのあらすじ真人への気持ちが冷めつつあることを自覚する奈津子。そんな時に克弘
Source: グノシー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました